健康情報
八千代市医師会 健康情報
●八千代市内 小・中学校インフルエンザ感染情報(冬季週更新) インフルエンザと予防接種 ●健康管理コーナー
八千代市内小・中学校インフルエンザ感染情報

=インフルエンザによる学級閉鎖

●▲=インフルエンザ欠席者/全校生徒数の10%以上

●▲=インフルエンザ欠席者/全校生徒数の5〜10%未満

●▲=インフルエンザ欠席者/全校生徒数の5%未満

※ただし、インフルエンザは自己申告となっております。

JavaScriptを有効にされるとFlashが表示されます。

【八千代市教育委員会保健体育課からのデータより】
インフルエンザと予防接種
寒くて空気の乾燥する冬季はインフルエンザが流行します。 インフルエンザは普通の風邪と全く異なり、39℃以上の高熱、頭痛、悪寒、関節痛、筋肉痛、 などの全身症状が急に出現します。セキ、鼻水、のどの痛みが続き、お年寄りでは気管支炎や肺炎などを 併発して入院する人もよくみられます。小児では中耳炎や熱性ケイレンをひきおこすこともあり、 幼児でまれに急性脳症を併発して死亡することもあります。インフルエンザの予防接種を出来るだけ受けましょう。 ☆インフルエンザの予防対策は
  • 人ごみを避けて、外から帰ったら手洗い・うがいをする。
  • 規則正しい生活と休養をとり、十分な栄養と睡眠をとる。
  • 鼻・のどを乾燥から守るため、マスクの使用と室内の加湿と換気。
  • かかりつけ医に相談して、インフルエンザの予防接種をうける。
  • 抗ウィルス剤の予防的な服用。

☆関連情報
日本医師会・インフルエンザ総合対策
http://www.med.or.jp/influenza/

健康管理コーナー
  • 善意の循環

 古くから「お返し」の習慣があります。お祝いやプレゼントに同等のものをお返しして謝意を表す。当たり前のことですが、日常のちょっとした出来事に対しても、お返しをしていますか?
 「善意の循環」という考え方があります。ちょっとうれしい出来事があったら、その場できちんとお返しができなくても、別の形でうれしさを誰かにお裾分けすればよいのです。見返りは期待せず、何気なく、別の誰かに善意を伝える。ほんのちょっとのお返しです。例えば、電車で席を譲られたら、駅員さんに「お疲れ様」と声をかけてみる。おいしい料理をいただいたら、おつりの一部を募金してみる。そんな小さなことでいいのです。みんながすれば循環して、また戻ってくるかもしれません。
 仕事が大変なとき、善意のお返しと考えると、少し楽になるかもしれません。今まで受けた指導や厚情に対する善意の循環という考え方。どうですか?
 介護の仕事も大変ですが、笑顔があふれていて、勇気をもらいます。外来で患者さんからその笑顔をいただくと、私も職員も笑顔になって、また次の患者さんにつながります。しんどいときもありますが、笑顔を忘れずに仕事を続けていきたいものですね。
 Getting Better(Beatles)。たぶん少しずつ良い方に向かう気がします。

八千代市医師会 うのクリニック 宇野史洋
この内容は、八千代市の広報誌「広報やちよ」の
「けんこうかんりコーナー」でも掲載されています。
「広報やちよ」はこちらから


ページトップへ